おなかをおさえる

日帰り治療というものが出来るほどに医療技術は進歩しましたが、それでも手術の仕方を知っていないとやはり心配です。

ですから最後に脱腸と痔の治療のための外科手術の方法を紹介いたします。

脱腸の外科手術で用いられる手術方法はクーゲル法といいます。

鼠径ヘルニアを自然に治すことは出来ません。
ですので、出来てしまった穴を人口補強材であるポリプロピレン制のメッシュシート貼り付けることで塞ぎます。 続きを読む

病室

脱腸であれ、痔であれ、それぞれ体の内部の症状ですので、場合によっては手術が必要です。

ですが、多くの方が外科手術となると怖くなるのが当たり前です。
どうにかその他の治療法がないかと考えます。

しかし、最近の医療技術というのは本当に進歩して、今では外科手術をその日にしてその日に退院することが出来る日帰り治療と呼ばれるものもあります。 続きを読む

マスクをする

それでは、この下腹部にある内臓系の病気である脱腸と痔はどういったことが原因でおこってしまうのかを説明します。

脱腸は年齢を重ねてくるとなりやすい病気です。
年をとると、運動もしないことが増えてくることもあって、筋膜が弱ってきます。
そうすると、お腹と外を繋ぐ器官である鼠径管という部分の入口が緩んできてしまいます。
そうすると、その隙間を通って腸が皮膚の下の方へと移動してきてしまうのです。 続きを読む

オススメリンク
最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年9月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
    医療室
    痛みが

    毎日、色々なことに気を取られて生活していると、自分の体の中のことすら気づかなくな...

    Readmore
    患者と話す
    どんな病気

    下腹部からの内側の陽気である脱腸や痔といった病気は一体どういったものなのでしょう...

    Readmore
    おなかをおさえる
    クーゲル法

    日帰り治療というものが出来るほどに医療技術は進歩しましたが、それでも手術の仕方を...

    Readmore
    病室
    手術

    脱腸であれ、痔であれ、それぞれ体の内部の症状ですので、場合によっては手術が必要で...

    Readmore